「危険な暑さ」という新語。

今年の夏はとてつもない猛暑でしたね。 テレビのワイドショーは連日のように「熱中症をどう防ぐか」が話題となりました。 天気予報などでも過酷な暑さを「危険な暑さ」と表現するようになりはじめました。 巷で認知され、長く標準的なエアコンの設定温度とされてきた「28℃」も、その根拠をあらためて考え直そうとされていますね。

みなさんは工事現場などでこのような場面を見かけたことはありませんか? 私はこの夏、いたるところでこのような光景を見かけました。 きっとエアコンが機能していないのだと想像します。 室内で働く人以上に過酷な労働環境の方々に思いやりを! 日本中の事業主様、そして現場で汗して働く人々へのリスペクトをお持ちの皆様。 トライワークスの想いに力強いサポートをお願いいたします。


64回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示